2019.9.28 Genome ethics conference, JST-RISTEX
2019.9.3 Meeting with Dr. Toshihiro Togo
2019.8.19 Meeting with Dr. Mariko Watanabe at Hirosaki University
2019.8.16 Referee, dissertation at Department of Arts & Design, Kyushu University
2019.8.14-15 Visiting IAMAS for a conference by Humanity Studies Institute at Kyoto University
2019.8.8 Committee, BioLab biosecurity management, Shibuya FabCafe MTRL.
2019.7.30 Referee, dissertation at Tokyo University of the Arts.
2019.7.29 Visit from Ryoma Shineha and Ken Kawamura (Seijo University) 
2019.7.20 In-class lecture at Waseda University "Chronobiology"
2019.7.16 KAKENHI meeting for art conservation/repairing at Tokyo University of the Arts (2nd).
2019.7.12  Broadcasted on a TV program "Esprit Japon" #110 (24:00-)
2019.7.11  Visit from Carolina R. Figueroa and Luis Hernan
2019.7.8  Visit from Jeanne Charlotte Vogt
2019.7.1  Visit from Dr. Gil Vicente N. Lourencao (Tsukuba Univ.)
2019.6.21-6.22 "CyanoClock 2.0" at Nagoya University
2019.6.15  Tokyo Forum of Chronobiology(時間生物学フォーラム東京,東京大学)
2019.6.14  Humanity study institute, Kyoto University.2019.6.11 
2019.6.11  KAKENHI meeting for art conservation/repairing at Tokyo University of the Arts.
2019.6.11 In-class lecture at Waseda Univ. Senior High School(早大学院にて講義)
2019.6.10  Visit from Jens Hauser
2019.6.8 Bioart workshop, Japan Media Art Festival, at FabCafe Shibuya Mtrl.
2019.6.7 Attending to "Matter(s) in motion" symposium at Tama Art University.
2019.6.4  Served as a Ph.D. examiner at Kyushu University (for a candidate artist, Ryuta Nakajima)
2019.6.3 In-class lecture at Tokyo University of Science "Science and Culture"(「科学文化論」講義@東京理科大学)
2019.6.1-6.16 Exhibition, Japan Media Art Festival (第22回文化庁メディア芸術祭受賞展,日本科学未来館).
2019.4.10 Visit from Prof. Toshino Iguchi and Ms. Shiho Hasegawa (Saitama Univ.) (美学の井口壽乃先生,長谷川紫穂さん来室)

List of achievement in school year 2018 (2018.4.1-2019.3.31)(2018年度の発表リスト)
Presentations on biological science(バイオロジー系の学会発表)
戸井田一磨,上坂一馬,井原邦夫,藤田祐一,岩崎秀雄(2019)糸状性シアノバクテリアLeptolyngbya boryanaの運動性を制御する新たな因子,第13回日本ゲノム微生物学会,首都大学東京
板木大知,河本尚大,北山陽子,岩崎秀雄(2018)Analysis on rhythmic gene expression without KaiC phosphorylation cycle in the kaiCEE mutant cells. 第25回日本時間生物学会大会,金沢大学
久本峻平,保坂菜摘,松並由佳,岩崎秀雄(2018)アリの協調運搬の型を分ける要因~モデルとデータベースによる予測と検証 第37回動物行動学会
久本峻平,保坂菜摘,松並由佳,岩崎秀雄(2018)協調運搬の型を分ける要因は何か? 第61回日本蟻類研究会
岩崎秀雄,板木大知,川崎洸司,河本尚大,江蔵隼弥,中村嘉博,松並由佳(2018)再現性の確認しづらい現象たちについて Cyano Clock 1.0,名古屋大学(招待講演)
川崎洸司,岩崎秀雄(2018)紫外線耐性の概日制御:ストレス耐性とエネルギー代謝のトレードオフ仮説から考える適応戦略 Cyano Clock 1.0,名古屋大学
河本尚大,岩崎秀雄(2018)SynechococcusにおけるKaiA非存在下での計時メカニズム Cyano Clock 1.0,名古屋大学
Naohiro Kawamoto, Hideo Iwasaki et al. (2018) Circadian Characteristics and a Possible Mechanism of a Damped Transcriptional Oscillation without KaiA. SRBR (Society for Research on Biological Rhythms), Florida, USA
Koji Kawasaki, Hideo Iwasaki (2018) Circadian Control of UV-Resistance in Cyanobacteria, Possibly Based on a Trade-off Between Energy Production and Stress Response. SRBR (Society for Research on Biological Rhythms), Florida, USA
TEXT
岩崎秀雄(2019)「バイオメディア・アートの保存」in 『芸術の保存・修復:未来への遺産』展カタログ,東京藝術大学
岩崎秀雄(2018)「BioRealityをめぐる生命美学的遍歴」日本バーチャルリアリティ学会誌23(3):7-12
岩崎秀雄(2018)「What is art science is. 14」『ART SCIENCE IS.アートサイエンスが導く世界の変容』(塚田有那編)BNN出版
岩崎秀雄(2018)「生物時計を思想史散歩してみよう」時間生物学 24(1): 1-3
Exhibition
「芸術(アート)の保存・修復:未来への遺産」展,東京藝術大学大学美術館本館(主催:芸術の保存・修復プロジェクト、東京藝術大学COI拠点),2018.10.2-10.18
「aPrayer:人工細胞と微生物の慰霊」第三回慰霊の集い,常陸太田市折橋コミュニティステーション(旧酒蔵金波寒月),2018.11.25
Talk events, Workshops
岩崎秀雄「生命医科学と社会・個人の関係:アートやDIYバイオの立場から」シンポジウム「日本の研究開発と市民・患者の関係を探る」山口大学,2019.3.27
岩崎秀雄「生命美学について」第23回AI美学芸術研究会「生命美学と環世界」(伊藤亜紗,中ザワヒデキと),美学校,2019.3.24
岩崎秀雄「生物学と芸術の軋みについて」シンポジウム「創造性の学び方:知性と生命をとらえなおすための対話」九州大学,2019.3.23
岩崎秀雄「DIYバイオの人文学的課題について」第4回デザイン生命工学研究会,早稲田大学,2019.3.8
岩崎秀雄「バイオアートとDIYバイオ︓alternativeな⽣命探究の形を巡って」YCAM BioCamp「パーソナル・バイオテクノロジー」,山口情報芸術メディアセンター(YCAM),2019.3.2
岩崎秀雄「DIY バイオ:その哲学・倫理学的射程」早稲田大学超域哲学研究会(森岡正博,ドミニク・チェンと),早稲田大学,2019.1.21
岩崎秀雄「生命にまつわるアートについて」日本再生医療学会サイエンスカフェ「アートとビオス」vol.3(福原志保,八代嘉美と)金沢21世紀美術館,2019.1.20
岩崎秀雄「土の生命性」トークセッション「土界の時空:ダナ・ハラウェイと共-制作の夕べ」(高橋さきの,石倉敏明,AKI INOMATA,逆巻しとねと)渋谷区学習センター大和田,2019.2.11
岩崎秀雄「生命美学の立場からのコメント」Radical Observers展アーティストトークイベント(菅美花らと)AkibaTamabi,アート千代田3331,2018.12.23
岩崎秀雄,DIYバイオ/ゲノム編集カフェ,青山学院大学,2018.9.23
岩崎秀雄「いわゆるバイオアートなるものをめぐって:芸術から<「生命」と「生命の学」とは何か>を考える」東京理科大学「科学文化概論」講義,2018.7.2
岩崎秀雄「Kaiを巡るvivo解析の温故知新」CyanoClock 1.0,名古屋大学,2018.6.29
岩崎秀雄「科学者からみるバイオアート」東京藝術大学「アートプロデュース概論」講義(長谷川祐子研究室),2018.6.18
岩崎秀雄「『人工細胞の慰霊』の時間論」日本時間学会,千葉大学,2018.6.11
Hideo Iwasaki “BioAesthetics”筑波大学ヒューマンバイオロジープログラム専攻特別講義 2019.4.20
岩崎秀雄「触れないものを触る:切り絵の生命性を中心に」創造性拡張教室Mitaxis Classトーク+ワークショップ(主催:リアルテックファンド),ユーグレナ田町オフィス,2018.8.29
岩崎秀雄「”生命をつくる”ということに関する2,3の補助線」Next Wisdom Foundation,2019.4.17 http://nextwisdom.org/article/3131/
Featured articles, TV
・NHK BS1国際報道2018「誰でも手軽に遺伝子操作?」コメンテータ,NHK,2018.7.9
・クローズアップ現代「あなたが“夢の発明”の主役!?DIYバイオ最前線」コメンテータ,NHK,2018.6.25  https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4149/
・いばっチャオ!(微生物慰霊碑について)NHK水戸 2018.6.22, 6.26
・おはよう日本「DIYバイオ:どこまで許される?」(コメント掲載)NHK 2018.6.18
・SciTech File「生物時計の研究がもたらす,科学と芸術を結ぶ新たな生命観:岩崎秀雄」(インタビューに基づく藤崎圭一郎によるテキスト)デザイン誌AXIS vol 194,2018.
・「人工生命に慰霊碑と花束を」『生命1.0への道』第14,15回(藤崎慎吾)講談社ブルーバックスオンライン版
Back to Top